MUPアウトプットweek8

MUP

介護写真家の小栗です

アウトプット8週目

今回のテーマは

『ブランディングスキル』

です

【結論】
商品を売りたいのであれば商品を売るな

美容師で例えると

1回のカットで1000円のひともいれば
数万円のひともいます

結論通り

美容師であれば、髪をカットするのは
すでに決まっていて、その金額の差を
どのように作り出すかが重要になります

ブランディングとは?

では、ブランディングとはなにかを
お話ししていきます

男女の関係で、あなたが男性で
お客様を女性であると仮定して

・マーケティング→男性から女性へ
『あなたが好きです』

・アドバタイジング→男性から複数の女性へ『好きです、好きです、好きです』

・PR→女性の友人から
『あなたが好きみたいよ』

・ブランディング→女性から男性へ
『あなたが好きよ』

ここから分かるようにブランディングが
あれば、相手から好意を持ってくれるため

結果、上手くいきます

そのため、好意を持ってもらえるような
人物になることです

ブランディングの種類

ビジネスとして大きく分けると4つあります

・コーポレートブランディング
(どう繋がるか)
HP、ロゴ、パンフレット、代表者など

・プロダクトブランディング
(何を売るか)
価格、材料、パッケージ、デザインなど

・マーケティングブランディング
(どう広めるか)
チャネル、ターゲット、メディア、SNSなど

・セールスブランディング
(どう売るか)
販売方法、提携先選定、顧客選定など

ブランディングがないと負のスパイラルにはまり事業が続かない

ブランディングがないと、自社の商品を
商品として売らなければいけません

他社の商品と同じだと価格競争がおきます

その後

サービス競争→自社コスト
→自社コスト→利益低下
→コスト削減→PR削減→シェア低下

の順で負のスパイラルに陥りやがて
事業は、つぶれてしまいます

〇〇だけど〇〇ではない

コーポレートブランドにおいて
競合を把握するが、競合を作っては
絶対にいけません

この時『自社は、〇〇だけど〇〇ではない』
という意識を持つことが大切です

私の例で言うと

フォトグラファーだけど
フォトグラファーではない

介護士に特化した撮影です

ここで質問です
Googleは、何の会社かわかりますか?

一般的には、テクノロジー企業と
思われていますが

実は、広告会社です

売り上げの90%は、広告収入です

しかし、Googleは

『広告会社だけど、広告会社ではない』

と断言しています

広告会社と名乗ると競合を作って
しまうためです

このため、Googleは、広告会社とは
名乗っていません

売り上げだけをみない

続いて、プロダクトブランディング
についてです

大切なのは売り上げが高いところ
だけに注目せず、一番利益が
もっとも高い箇所に注目してください

100人が欲しいと言った価格ではなく
コストを考慮して一番利益率が高い価格
に値付けをすることが重要です

相場の価格より高い価格設定
にした場合、その差の金額に付加価値を
いかにつけるかが大切であり

そこがビジネスの楽しみでもあります

また、付加価値には次のようなものがあります

・空間付加価値→コスト大
・商品付加価値→コスト大
・サービス付加価値→無料でできる

スモールスタートにとって
サービス付加価値は、コストが掛からず
しかも、大きな効果があります

1杯500のスタバのコーヒー

なぜ私たちは、

1杯100円のマックのコーヒーをでなく
1杯500円のスタバのコーヒーを買うのか?

それはフランチャイズか
そうでないかの違いです

マックは、フランチャイズです

フランチャイズ化すると薄利多売になり
回転数を増やさないといけません

その結果、席数を増やす必要があります

マックならノウハウがあるからいいですが
一般のお店がおこなうと難しいです

スタバは、これを知っています

なので、フランチャイズ化しません

また、直営店営業なのでスペースに
余裕を持って営業できるため
1杯のコーヒーを500円で
販売することができるのです

商品をPRしてはいけない

最後にセールスブランディングです

商品を売りたければ
商品をPRしてはいけません

ピアノで有名なYAMAHAは
ピアノを売っていません

とても高価なものなので教室をやることで
相手から欲しいと思わせるセールス
ブランディングをしています

商品を販売する一歩手前でブランディング
することが大切です

まとめ

今回は、ブランディングスキルでした

当初私のブランディングのイメージは
ぼんやりしていました

しかしビジネスにおいて
ブランディングは、細分化されており
どれにも根拠があることを知ることが
できました

今後は、自分のサービスにおける
付加価値をさらに深掘りしていこうと思います

以上、今週のアウトプットでした!