MUPアウトプットweek9

MUP

介護写真家の小栗です

アウトプット9週目

今回のテーマは

『倫理思考スキル』

です

【結論】
掛け算の法則で、スキルがあっても倫理思考スキルがなければ無意味

スキルが100あっても
倫理思考スキルが0であれば
100×0=0になってしまいます

顧客視点を論理的に証明、追求

ここで質問です

以下のラーメン屋の売り上げと利益は?

ラーメン屋
・座席数 13座席
・場所 浜松町付近
・価格 650円

わかりますか?

実は、答えは、誰にもわかりません

答えの正解、不正解ではなく
考え方の正解不正解を見る思考力が大切です

また、フェルミ推定ともいいます

顧客視点を論理的に証明、追求することが
ビジネスでは最重要です

コペルニクスの地動説思考

コペルニクスの地動説思考が
ビジネスでは最も重要です

昔の人は、地球を中心に惑星が回っている
と思っていました

しかし

地球は、自分で回っています

ビジネスに置き換えて考えてみると
起業してすぐは、自分の事業に
感情的な思い込みを抱いてしまいます

決して自分の見える視野が正しくありません
自分の視点をいつまでも疑い続けてください

そのため、しっかりとしたデータに
基づく事実が必要になってきます

物事のドラマチック化

人間には、出来事をドラマチックに
見る本能が、あります

例えば、世界で予防接種を
受けられていない子供は、20%です

残りの80%の子供は予防接種を
受けれていることになります

これがテレビなどでネガティブな
情報を得るとたちまちドラマチックに
物事を見てしまいます

捨てなければいけない2つの思考

ビジネスでは、自分の考えと他人の考えを
マッチングすることが最も大切です

この条件を成立させるには
2つの思考を消さなければいけません

分断思考

私たちは、物事をなぜか2つに
分けたがります

例えば

・金持ち、貧乏
・幸せ、不幸
・勝ち組、負け組

これらは、その人の価値観によるもので
この世界は、2つに分けれるほど
単純にはできていません

白か黒かではなく
グラデーションの理解が
ビジネスでは、必要不可欠になります

ネガティブ本能

ネガティブ本能とは、共感のことです

ひとは、ネガティブなことに共感します

例えば

『保育園落ちた日本死ね』

以前、こちらの話題がバズりました

しかし、逆に

『保育園入れたよし』

は、バズりませんよね

ひとは、ネガティブなことには
敏感に反応し、共感します

テレビのニュースにおいても
メディアは、視聴率獲得のため
ネガティブな情報で視聴者の
共感を得ようとしています

このためメディアの裏付けが
とても重要です

また、自分の感情や感覚を定量化して
証明することも重要です

まとめ

自分のビジネスを考えたときに
想いが強すぎ、目線が顧客視点に
なっていなかったことを反省しました

また、それを論理的に証明するところまで
落とし込む必要があることを知りました

それらを実行できるよう
分断思考とネガティブ本能の2つを
消していくよう心がけていこうと思います

以上、今週のアウトプットでした!